空調設備 換気設備 / エネルギーを無駄に消費させない設備 自動制御

実績

案 件 名 事例-1 【某遊戯施設】
設備の目的 喫煙時の換気量制御を実施し、省エネ性を向上させる。
対応策 ・CO2と雑ガスセンサーを併用し、汚染状況に即応した換気制御を実施。
・中間期は外気温湿度条件に応じ、最大量の換気で外気冷房を実施。…さらに詳しく見る >>
案 件 名 事例-2 【某ホームセンター施設】
設備の目的 売り場に応じた換気量制御を実施し、省エネ性を向上させる。
対応策 ・CO2と雑ガスセンサーを併用し、汚染状況に即応した換気制御を実施。
中間期や、夏期等の早朝時は外気温湿度条件に応じ、最大量の換気で、外気冷房を実施。
・熱源(ガス量等)の比較集計を実施。…さらに詳しく見る >>
案 件 名 事例-3 【食品工場(危険物製造所該当)施設】
設備の目的 食品工場で有り、危険物製造所を兼ね備えた施設の空調と換気設備を 常時監視制御を実施。
対応策 ・陽圧を維持すると同時に、危険物の漏洩を防止を、風量制御とガス検出器を  併用し、監視制御を実施。
・温湿度・風量・フィルター監視・熱源等を一括で自動制御を行い、同時に 中間期の外気温湿度条件に対応した、外気冷房を採用し省エネ運転を実施させる。
・始動・停止は、任意選択が可能な自動運転を実現し、24Hr稼働状況を監視。…さらに詳しく見る >>
案 件 名 事例-4 【某遊技場施設】
設備の目的 遊技場施設の換気設備制御を実施。
対応策 ・室内汚染情報データをPLCで演算し、インバータを介し給排気ファンを制御。
・屋外温湿度センサーにより、適正条件を見出し、外気導入による省エネ換気を実施。…さらに詳しく見る >>

事例-2 【某ホームセンター施設】

1. 換気制御例

TOP画面-1 (強制外気導入可能時)

TOP画面-1 (強制外気導入可能時)

TOP画面-2 (エアコン運転時)

TOP画面-2 (エアコン運転時)

外気観測:外気温湿度をリアルタイム表示。

稼働時間・仮想消費電力:機器稼働時間と定格消費電力より、仮想電力を演算表示。

ガス消費量:ガスメーターのパルス信号を利用し、ガス消費量を演算表示。

予め外気条件設定の温湿度設定条件により、エアコン運転又は、強制外気導入運転を選別。


2. 環境情報と、稼働情報例

稼働状況-1 画面 (換気運転時)

目的項目をタッチし、調節器をポップアップさせます。

稼働状況-1 画面 (換気運転時)

稼働状況-1 画面 (換気停止時)

稼働状況-1 画面 (換気停止時)

売り場系統別に換気機器の稼働時間と、運転状況を表示。

温度・CO2・VOCの現在値を表示し、同現在値表示をタッチすると、各調節器がポップアップ画面に 現れ、個々に設定出来る様にしています。

CO2・VOCの制御は送風機の発停を行う方法として、資材館は4〜20mA出力を3ステップ制御発停とし、生活館の制御は5ステップ制御発停のON-OFF制御を施しています。


3. 機器稼働時間・仮想電力量の記録

事例1と同様の考え方より

【正常時運転状況】

正常時運転状況


【異常時運転状況】

異常時運転状況

機器の個別運転状況を表示しています。

機器の運転時間は、個別運転状況の入力信号より把握出来るので、稼働時間をリアルタイムに表示させる事も可能になり、勿論月単位で記録する事も出来ます。

プログラム上で定格消費電力を用い、インバータ出力信号をダミーパルスとして変換し、時間単位パルスを仮想計測すれば、仮想電力量としても表記出来ます。 
(但し、あくまで仮想電力としてなので、目安としての判断資料です)

PLCに取り込んだ情報を目的に応じ利用する事で、単なる運転情報も有効に活用する事が出来ます。


まずは貴方の事業のこと お聞かせ下さい。 お問合せはこちら TEL:06-6627-2516


実績 事例1

実績 事例3


お問合せはコチラ 株)ネオテック TEL:06-6627-2516