費用を投じ「見える化」ができても「基準」と成る「物差し」が判らなければ「見える化」が役立つとは限りません!まずはw-ecoから始めましょう!

w-eco アドバイス その4 | TOP

「現況設備を把握する方法」とは?

エネルギー削減の原点を見つけよう!多分「状況調査を行う」等と、思われるかも 知れませんね。

そんな大袈裟な考えは、一切持ち合わせていません。

何故なら、その情報源は全てご自身が既にお持ちに成っている資料で、十分理解できるからです。

それは「竣工図書」と呼ばれる図面に集約され、「エネルギー削減」の原点となる、大切な「情報源」です。

省エネは、まず
無駄なエネルギー
消費を断つことから
生まれます。


「竣工図書」とは?

竣工図は大切に保管してあるんですよ 「竣工図書」に付いて、ご説明しましょう。

建物を建てる際や、改修時等に「設計図」を基に工事が進められます。

竣工(完成)時に「設計図」は工事途上の変更箇所等の情報を付加し、「竣工図」として施主に引き渡される大切な「情報源」を指します。

この情報をどう活用するかに依り価値は大きく異なり、発揮できる場合も有れば、余り役立たない場合も有ります。

後者は、竣工時に「設計図書」の修正が施されずに済ました結果、「竣工図」と実際(竣工時)上とで隔たりの有る、「情報」と化してしまいます。

幾ら役立たない情報だとしても、現況機器等と照合すれば多少の手間は掛かりますが、ある程度の内容は十分把握できます。

この「情報源」が、詳細な内容で有れば「エネルギー削減」の改善策を見出す効果も、十分発揮される訳です。

さて、ご自身はどちらの「情報源」をお持ちでしょうか?

是非一度、ご確認ください。


竣工図書が判らない 竣工図書が有る。 そこで、最後の質問です。
竣工図書が正しいか如何かが判らない。 経費削減に役立つなら考えたい。 竣工図書が正しいか如何かが判らない。
1つでも当てはまるものがあるなら まずは、お気軽に お問合せ下さい。 TEL:06-6627-2516 1つでも当てはまるものがあるなら まずは、お気軽に お問合せ下さい。 TEL:06-6627-2516

w-ecoのご質問・お問合せ


 

 w-eco しませんか?


お問合せはコチラ 株)ネオテック TEL:06-6627-2516